サレ夫 の 恨み節

幸せに生きたいとね。女房は存在ごと消えてほしい