サレ夫 の 恨み節

幸せに生きたいとね。女房は存在ごと消えてほしい

充足感がない

ほっこりしたり、充実感だったり、満たされる感じがしない

 

ぽっかりと穴に、ドードーと、満たされたい感情が落ちていくような感じ

 

俺は誰に本当に必要とされているのか

毎日が空回り

 

早く死んでくれないかな

新しい道を行きたい

こんな三途の川へ向かうあぜ道なんかゴメンだ

油断すると

何様かわからないバカな妻になる。

 

共通の知人の父親が亡くなり、

 

「通夜にいっとん?」

『明日の葬儀に〇〇さんと出る』

「はい?」

『残業で間に合わなかった』

『通夜行かなきゃダメだったの?』

「んなこと、聞いてないし、もういい」

 

と、会話が成立しません( ゚д゚)

 

なんかもう疲れました。

老後2人の生活なんて、お先真っ暗やなとマジ卍。

 

とりあえず、顔を合わすと喧嘩ばかりやと気付いているのか、疑問ですが。

 

マジ死ねばいいのに、と思う。

死んでくれない

俺から恨まれていると認識がねー、バカ妻さん。

 

応援してよ!って人の話をきかねーわ

会話は成立しないし

バカじゃねーの?

 

人をどん底に突き落としておいて、私は立ててくださいだと?

バカなの?アホなの?キチガイなの?

 

マジ卍

早く地獄に落ちたらええのに

仏性拝む前に、こっちが死にたくなるわ

何で?

何を話しても、会話の最中、妻に必ず聞かれる。

 

まぁ、バカなんかな。

つーか、自分で考えてくれ。

人に答えを簡単に求めんなよ。

 

人の気持ちわからないんだろうな。

また、わかろうともしないんだろうな。

父娘の関係が良好なのに、母娘は微妙なのか、マジ気づかないのか

 

疲れたよ、パトラッシュ。

頭が悪い

人間ってのは、深く考えない性格なのか、

見通しが甘いのか、自身を客観的に見ることができないのだろう

 

人を指すことばかり

 

一生変わるわけない

 

パートナーをなんだと思うのか

 

ほんと失礼なやつだ

よくわからない

女っつーのは、自分の立ち位置が今、安泰ならいいんだろうよ

幸せって、何気なく気づきにくいものなのに

 

当たり前だと思うと、ささやかな喜びすら感じなくなるもんだ

 

価値観が違うと終わりなんだろう

 

あれから幸せにしたいとか共に生きて行こうとか、どうでもよくなる瞬間が多すぎてしまう

 

もう終わりだと思ってほしい

 

気づいたころには遅いのにね

 

言い訳はきかない